コラム

顎顔面口腔育成治療の2つの方法

皆さんこんにちは。
大阪府門真市の歯医者、「ばば歯科医院」です。
 
当院では、顎の成長をコントロールすることで、呼吸や舌の位置を改善し、歯並びもよくすることができる「顎顔面口腔育成治療」を行っています。
 
顎顔面口腔育成治療には「Biobloc療法」と「RAMPA療法」の2つがあります。
今回は、それぞれの治療方法の特徴や違いについてお伝えします。
 
 


Biobloc療法とRAMPA療法

Biobloc療法もRAMPA療法も、顎顔面の成長を促して改善するための治療方法です。
 
治療を受けるお子さんの状態はお一人お一人異なるため、それぞれのお子さんの状態に合わせて最初にどちらの療法を行うか選ぶことになります。
RAMPA療法の場合、お顔の骨格が改善されたら、Biobloc療法に移行します。
 
 


Biobloc療法とRAMPA療法の違いや特徴

Biobloc療法では、お口の中に取りつける矯正装置を使用します。
乳歯の奥歯を土台として、顎骨を拡大していきます。
 
なお、上顎が著しく下に向かって成長したお口(受け口や極端な出っ歯など)の場合は、Biobloc療法では十分な治療効果を出すことができません。
その場合は、RAMPA療法を行うことになります。
 
RAMPA療法ではヘッドギア型の装置を使います。
お口の中、フレーム、頭に取りつけるパッドなどすべてをお子さんお一人お一人に合わせてオーダーメイドした装置です。
このヘッドギア型の装置を使うことで、上顎とその周りの骨格に適切な力を加えて、顔面骨格の状態を改善していきます。
 
なお、お子さんの顔面骨格の状態に合わせて、Biobloc療法のみ、またはRAMPA療法のみ、またはRAMPA療法とBiobloc療法の両方を行う、ということなります。
その他詳しくお知りになりたいという方のために、当院では無料で矯正相談とカウンセリングを行っています。
スライドを使い、概念や目的などをわかりやすく説明しています。お気軽にご相談ください。
 
 


当院ではMFT(口腔周囲筋機能療法)も行っています

当院では、MFT(口腔周囲筋機能療法)も導入しています。
 
唇、舌、頬の力のバランスによって歯並びは形成されていきます。この力のバランスが崩れることで、歯並びが悪くなることがあります。
MFTでは、トレーニングによってお口周りの筋肉を鍛え、お口の環境を整えていきます。
 
当院では顎顔面口腔育成治療だけではお口の機能が改善しなかったお子さんに、MFTをおすすめしています。
総合的にお口の状態を改善していきますので、お子さんの呼吸やかみ合わせ、歯並びなどが気になったらぜひ一度ご来院ください。
 


もっと詳しく >

 

このページの先頭へ
ばば歯科医院のご案内
■カテゴリ
■最近の投稿
■診療内容:
  • ・一般歯科
  • ・小児歯科
  • ・インプラント
  • ・歯周病治療
  • ・予防歯科
  • ・顎顔面口腔育成治療
■診療時間:
診療時間
 

・セミナー等で休診になる場合がござい
ます。

・お待たせすることをできるだけ少なくするため、「予約制」とさせていただいております。お電話にて症状とご都合をお聞かせください。

■各種保険取り扱い(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます)

■休診日:
日・祝日・水(基本的に祝日のある週は診療)
■アクセス:

〒571-0023 大阪府門真市横地604-2
TEL.072-887-0900
FAX.072-881-9140

■バス
京阪バス門真団地バス停徒歩5分
■お車
医院敷地内に駐車場6台完備