痛くない治療

無痛治療とは

イメージ画像 当院では「怖い」という気持ちを少しでも取り払えるよう様々なことに配慮しております。
この怖いという気持ちの原因の一つとして「痛い」という過去の経験が考えられます。 しかし「歯医者は痛い」は昔の話です。 当院では痛いままで絶対に処置を行いません。 麻酔する際にも、麻酔の痛みをなるべく軽減させるための器具を使用しています。
他に「怖い」という気持ちの原因として、何をされるのか分からないからというのもあります。当院では次に行う処置を必ずお伝えして、安心して患者様に治療を受けていただけるように信頼関係を大切にしております。
もしも「怖い」、「痛い」といったことがあった場合でも、それを伝えやすいようなコミュニケーションを取り、処置の際は患者様に最善の注意を払っております。

無痛治療のご紹介

イメージ画像 【表面麻酔】
麻酔注射をする前に、ゼリー状の表面麻酔薬を塗ることによって注射のチクッとした痛みを和らげます。状況によっては、より強力な表面麻酔薬「J-TAC」を使用します。

【細い針の麻酔注射】
麻酔の痛みは注射針が細いほど軽減します。
当院では最も細い注射針(33G)を使用しています。

【ゆっくり麻酔を注射する】
一気に麻酔薬を入れると、その圧迫により痛みを伴うことがあるため、麻酔薬はゆっくりと注入します。

【鍼鎮静法】
鎮静作用のあるツボに、貼るだけの鍼を用いて行います。
特に恐怖心が強い方には、治療の前日から行うと効果的です。

当院が気を付けていること

イメージ画像 当院では少しでも痛みを感じない様に様々な配慮を心がけております。
痛みを出来る限り感じない様に、状況に応じた表面麻酔の使用、細い注射針の使用、麻酔薬をゆっくり注入するといったように最善の器具の使用と治療に注意しています。 また、治療技術だけではなく患者様との信頼関係を大切にしております。
患者様が不安を感じない様にコミュニケーションを取り、「怖い」、「痛い」と感じたら声を掛けやすい環境を作ることを心がけています。治療中に何か気になることがあればすぐにお知らせください。
少しでもリラックスして治療を受けていただけるようにスタッフは常に明るい笑顔で対応することを心がけ、待合室はゆっくりと落ち着け、清潔感のある空間にしております。
このページの先頭へ
ばば歯科医院のご案内
■診療内容:
  • ・一般歯科
  • ・小児歯科
  • ・インプラント
  • ・歯周病治療
  • ・予防歯科
  • ・顎顔面口腔育成治療
■診療時間:
診療時間
 

・セミナー等で休診になる場合がござい
ます。

・お待たせすることをできるだけ少なくするため、「予約制」とさせていただいております。お電話にて症状とご都合をお聞かせください。

■各種保険取り扱い(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます)

■休診日:
日・祝日・水(基本的に祝日のある週は診療)
■アクセス:

〒571-0023 大阪府門真市横地604-2
TEL.072-887-0900
FAX.072-881-9140

■バス
京阪バス門真団地バス停徒歩5分
■お車
医院敷地内に駐車場6台完備